ちゃんイオの趣味日記

自分のやってる趣味のゲーム、プラモ作り、その他書きたい事を書くブログです。現在はPSO2メインでやってます。

プロ野球スピリッツ2019 MLBのスーパーレジェンド、デレク・ジーター完全再現(元ヤンキースのショート)

プロ野球スピリッツ2019の再現選手の品揃えを増やしていきたいので、思いつきで作成しました。

マンガのキャラクターを再現しようと思ったけど、メジャーリーガーを再現して作っている人もYouTube上にはいらっしゃいましたので、ちょっとネタを拝借しました。

今回作成したのは元ヤンキースのレジェンド、デレク・ジーターを再現しました。

f:id:hanagedetell5963:20190912093921j:plain

MLBを見る機会は今まで少なかったですが、そんな私でも知っている超有名人ですね。

彼は実力はMLB随一ですが、最高の人格者としてファンを魅了し続けました。

そんな彼をプロ野球スピリッツ2019で再現するにあたって、簡単にウィキペディアで調べてきました。

 

↓以下wiki調べ

デレク・ジーター(デレク・サンダーソン・ジーター)

右投右打 遊撃手 190.5cm 88.5kg

現役生活20年間で5回のワールドシリーズ優勝、
14回のオールスター選出があるほか、
通算で3000本安打以上を記録、
MLBを代表するスーパースターとして長年活躍した。
ヤンキース・ファンからは敬意を持って「ザ・キャプテン(The Captain)」と呼ばれる

打撃
優れたミート技術と確かな選球眼で安打を積み重ねる巧打者。
チャンスで勝負強さを発揮するMLB屈指のクラッチヒッターとして知られ、
「キャプテン・クラッチ(Captain Clutch)」の異名を持つ。
2012年に引退したアトランタ・ブレーブスの強打者チッパー・ジョーンズは現役時代、
「1点とられたら負けの場面、2アウトで最も打席に迎えたくないのが、デレク・ジーターだ」と述べている
引退までに年間200本安打を8回達成しており、通算安打数は歴代6位の3465本
選球眼はよく、打率とともに出塁率が高い。
通算打率は.310を記録し(特に左投手に対しては通算打率.337と強い)
20年のキャリアの中で好不調の波も少なく、
長期に渡り安定した成績を残してきた実績も高く評価されている。
ネクストバッターズサークルで打順を待っているときに、
よく観客席の子供と話をしていた。
以前にコーチ陣から集中力の妨げになるとたしなめられたこともあったが、
「子供たちと試合を楽しみたいんだ。自分には集中力に関する問題はない」と自分のスタイルを貫き通した。

走塁
右打者ながら一塁到達まで4.1秒、
セーフティバントを試みる際には4.0秒を切ることもある俊足を誇った
スライディングする際は、ほとんどがヘッドスライディングである。

守備
三遊間の深い位置に飛んだ内野ゴロを逆シングルで捕球し、
そのまま一塁へジャンピングスローする姿がよく見られる。
グラブ捌きに疑問符がつけられることはない一方で、
瞬発力に欠けるため守備範囲は広くなく、
打者の特徴や傾向を把握した的確なポジションをとることで動き出しの遅さをカバーしていた

人物
類まれなリーダーシップを持つ人格者
チームメイトには常に積極的に声をかけ、ベンチでもホームインした選手を真っ先に出迎える
ヤンキースで監督を務めたジョー・トーリは、
著書の中で「ジーターの新人時代、どうしたらこんな人間ができるのかと思った。
最初から言うべきことがあまりなかった。教育というより、どういう人間か知りたくて対話した」と記している
ジーターは負けた試合のあとは必ず報道陣の取材を受ける。
20人前後の記者に取り囲まれて、最後のひとりの質問が終わるまで絶対に動かないという。
逆に自分が活躍して勝った日などはすぐに帰ってしまう
「なぜ負けた日は丁寧に取材に応じるのに、自分が活躍した日は帰るのか」と質問したところ、
ジータ―は「今日は僕以外にも活躍した人がいるから、そちらに脚光を当ててくれ」と答えた
毎年優れた成績を残すジーターだが、個人記録にはまったく興味を示さない。
「チームスポーツをやっているのだから、何よりも勝つことがすべて」という考えを貫いている
節目のシーズン200安打を達成した際にも、記念のボールは受け取らない。
これについて、イチローは、
「200本目のヒット(のボール)を取らないのはすごいなと思って。
ボール欲しいよね、普通。そういうところで、ジーターって選手にすごみを感じます」とコメント
MLBを代表する人気選手であるジーターは、スポーツ用品などを中心に数多くのCMに出演している
日本では、打撃練習器具「ジップヒット」の通信販売CMが有名である

通算記録MLB:20年)
3465安打、打率.310、出塁率.377、260本塁打、1311打点、358盗塁

 

今回作成するにあたって上記のwiki情報を元に能力値を考察。

 

目標能力値

左右ミートA以上
パワーBぐらい
走力Bぐらい
捕球A以上
スローイングA以上
肩力A狙い
疲労回復Bぐらい

チャンスA
アベレージヒッター

 

こんな強いのできるかな・・・。

結果完成しましたが、目標値をかなり下回る結果になりました・・・。

f:id:hanagedetell5963:20190912094714p:plain

上記画像を名前を付けて保存して、USBに移動、PS4に差し込んで読み込んでみてね。

f:id:hanagedetell5963:20190912094850j:plain

目標値を下回った原因は甲子園スピリッツにて甲子園1回戦でなぜか負けてしまいました・・・。

なので悔しさ残る結果ですが、こちらをご覧ください。

f:id:hanagedetell5963:20190912095605p:plain

これはパワフルメジャーリーグ2009のデレク・ジーターの能力です。

これを見て遜色ないと自分に言い聞かせています。

そして作成したデレク・ジーターでオートペナントをやった結果がこちら。

f:id:hanagedetell5963:20190912095850j:plain

それっぽいな。

少し納得いかないですが、ジーター1号としておきます。

これ以上の能力にするとリアルのジーターを越えてしまうので、リアルを求めた結果としておきましょう。

よろしければ使ってみてください。

 

今回の結果も踏まえて、マンガのキャラ以外にもMLB選手やOB選手も作る対象にしようと思います。

 

↓よろしければ動画も見てね。